タトゥーを入れると就職できないのは本当?

就職活動

タトゥーを入れていると、就職できない?
そんなことを聞きますが、本当でしょうか?

若い時に、友達と遊び半分、ノリで入れてしまった。

いざ、就職活動の時期になり、悩んでしまう。
とっても多いそうです。

実際のところどうなのでしょう。

面接官に聞いても答えはない

学生時代のペーパーテストと違い、
就職のテストは基準がはっきりしません。

自分より成績の悪い友人が
有名で、一流と言われる会社に就職することもあります。

いっそのこと、統一テストで成績上位から
入社が決まってしまえば、まだ納得もできます。

しかし、、、

現実問題として、、

企業の採用の基準というものは
はっきりしていません。

親のコネがあったり、、
面接官に気に入られたり、、、
事前のOB訪問で、うまいこと立ち回ったり、、

はたまた、大きな声では言えませんが、
女性の場合は、美人や可愛いから、、

そんな理由で採用されているのでは?

そんなケースもありそうです。

そして、面接官に不採用の理由を聞いたとしても、、

『我が社の社風に合わないんだよね、、、
お互いのために、今回は見送らせてください。』

多分、そんな答えが返ってくるのがせいぜいです。

タトゥーがダメとは言わないけど

企業の立場としては、なるべくリスクを負いたくない。
これは、本音のところだと思います。

非常に好青年で、学校の成績も良く、
面接でも受け答えも非常に良い。

しかし、ふと目に入ったタトゥー。

これだけで、今までの点数が89点でも
−100点になってしまう。

結果として、総合点が0点になってしまう。
残念ですが、ありえる話です。

タトゥーを見てしまった瞬間に、
いろいろ思うはずです。

他の社員はどう思うだろうか?
取引先に悪い印象を与えないだろうか?
社長を始め、重役には理解できないだろうなあ。

面接

たとえ、面接官がタトゥーに理解ある人物だとしても
リスクを冒してまで、採用したいと思うでしょうか?

もし、何か問題が起きたら、、
その責任は面接官である自分に降りかかるのです。

そう考えてしまうのが、
サラリーマンの悲しいサガです。

リスクを冒しても、雇いたい人間!

あなたは、そう思われる自信がありますか?

タトゥーでも就職できる

もちろん、タトゥーに対して絶対にダメ!
洋服で隠れていたら、まあ大丈夫!
小さなものだったら、O.K!

企業や職種によって、いろいろな制限の幅はあるでしょう。

しかし、はっきり言えることはひとつ。

いわゆるお堅い仕事、、、
銀行や保険会社などの金融系
一部上場している有名な会社

こんな企業ではまず働けないでしょう。

タトゥーのせいで、就職活動の幅が狭くなる。
就職活動の対象企業や会社が少なくなる。

就職活動が不利になることは確かです。

もちろん、オーナー企業で
あなたのことをしっかり知ってくれて
人間性を評価してくれる。

ラッキーだったらあるかもしれません。
しかし、残念ながら、おとぎ話のレベルです。

タトゥーを気にしない企業に勤めたところ、
超ブラック企業で、離職率がとんでもない会社だった。

どちらかと言えば、こちらのほうが現実に近いでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ