タトゥーの除去方法

レーザー レーザーを照射して、染料を破壊して、刺青を除去する方法
切除 タトゥーの入った場所の皮膚を切り取り、縫い合わせる方法
皮膚移植 太ももや背中などから皮膚を切り取り、その皮膚を移植して、入れ墨部分をふさぐ方法

タトゥーの除去方法といってもいろいろです。
ここでは、ざっくり、3つにわけてみました。

それぞれの長所と短所も簡単にリストアップしてみました。

病院やクリニックへいくときは、自分としては
どのような消し方を望んでいるのか?

何が優先順位なのか?

それを伝えて、その方法が自分に適しているのか?
疑問点などを聞いてみてはどうでしょうか?

カウンセリングのときに、話がより早く伝わると思います。

それぞれの長所と短所

レーザー

こんな場合に向いています

黒色系や単色の刺青を消したい
染料が深いところへ達していない場合

デメリット

  • 皮膚から染料がでるまでの時間がかかる
  • 1回で終わる場合が少なく、回数と期間がかかる場合が多い
  • タトゥーの形がぼんやり残りやすい

メリット

  • 術後の痛みや腫れが少ない
  • 縫い跡のような傷跡が残らない
  • からだと皮膚に負担にならない

皮膚の浅い部分にタトゥーがある場合は
非常に有効な方法です。

黒色の染料にしか効果がないと言われていた
レーザーでの除去ですが、年々、レーザーの
放射の種類が増えてきています。

レーザーの種類によっては、赤色や暖色系の
染料にも反応する機械が増えてきました。

染料の種類、皮膚の深いとろこへ彫られている
タトゥーの場所などにより、レーザーが有効でない
場合もあります。

3つのなかでは、体に負担が少ない方法ですが
向かない場合もあるので注意が必要です。

切除

こんな場合に選ばれます。

とにかく、時間がない。
手術の跡は残っても、今すぐタトゥーを消す必要がある。

デメリット

  • 縫い合わせた跡が残る
  • 感染症などの恐れがあり、皮膚に負担がかかる
  • 皮膚がひきつった感じや痺れがでる場合がある

メリット

  • どんな染料や色のタトゥーにも対応できる
  • もともとのタトゥーの形がわからなくなる
  • 広範囲の大きなタトゥーを除去できる

「単純切除」は1回でタトゥーすべてを切除します。

「紡鐘(ぼうすい)型切除」「ジグザク切除」など
クリニックよって、さまざまな方法がとられています。

「分割削除」は、2回〜数回に分けて手術します。

それぞれのクリニックや先生により、得意の方法がいろいろ
あるのが、切除法と言ってもよさそう。

皮膚移植

皮膚移植は、広範囲な刺青を短時間で消すことができます。

また、レーザーや切除の方法では消すことのできない
刺青にも対応できるところが最大の特徴。

一方、体や皮膚に1番負担が大きくかかるのが皮膚移植です。

デメリット

  • 移植先に血腫ができたり、感染症のリスクが高い
  • 費用が高額
  • 皮膚を採った場所と刺青を除去した場所の2カ所に傷跡ができる

メリット

  • どんなに大きなタトゥーでも除去できる
  • もともとのタトゥーの形が完全にわからなくなる
  • 急いでタトゥーを切除したい人

ここでは、わかりやすく3つにわけてみました。

しかし、単純に3つにわけられないケースもあります。
混合型の除去方法と言えばいいのでしょうか?

例えば、剥削(はくさく)+ レーザーです。

まず、皮膚の表面を削ります。
これが、剥削(はくさく)、削皮(さくひ)
といわれる治療方法になります。

そのあとで、残った色をレーザーで消していくのです。

レーザーに反応しにくい赤や黄色の入れ墨を
あらかじめ削っておいて、このような方法で
消したりすることもあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ